募集馬情報

シルヴァースプーンの2017 牡No. 201704

【イメージ】シルヴァースプーンの2017 牡

芝のマイル路線での活躍を期待!

  • ●調教師お勧め馬!
  • ●均整の取れた理想的な馬体
タートルボウル
母の父
アグネスタキオン
生年月日
2017年04月22日
性別
毛色
鹿毛
厩舎
美浦・大竹正博厩舎
生産地
北海道・日高
生産者
山際牧場
ベーシック会員一口価格
16,000円 (※2019年保険料512円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
1,600 万円(税込)
残数
ライト会員一口価格
44,300円
内訳
競走馬出資金
16,000円
維持費出資金
21,600円
保険料出資金
1,383円
手数料等
5,400円
調整金
-83円

近況情報

  • 2018

●2018年09月03日 最新情報

北海道・日高のサンバマウンテンファームに在厩。育成先は美浦トレセン近郊の栗山牧場内・ヤナガワステーブルの予定です。
※7月末時点の測尺 体高152.0cm 胸囲171.0cm 管囲20.0cm
※馬体重は後日お知らせいたします。

Photo Gallery

  • 2018

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

牧場コメント
北海道・日高 山際牧場 山際氏
線のキレイな馬で体に柔らか味があり、放牧地を走っている姿からは、バネがあるのが見受けられます。母系を辿るとダートで活躍している馬が多いですが、本馬の体型を見ると種牡馬のタートルボウルに似て出ているため、芝のマイルあたりで力を発揮してくれそうです。牡馬としてはそこまで大きい方ではないですが、レースでは440~450キロくらいでの出走になるのではないでしょうか。仕上がりは早そうですが、当牧場の売りは『丈夫で数が使える』というところですから、クラシックでの活躍はもちろん、先々まで楽しめる馬だと思います。
血統解説
タートルボウルとアグネスタキオン牝馬の配合となるが、タートルボウルは、代表産駒トリオンフを筆頭例として、サンデー系牝馬との相性がとても良い。それほど期待された種牡馬ではなかったものの、この配合ではハズレがないと言える。
加えて、本馬の母方の祖母シルヴァーカップの子供たちを見れば、ルッジェーロ、カレンリスベット、ドラゴンカップなど大半が複数勝利を挙げて中堅級に昇っており、実に堅実な血統である。おそらく、本馬も早い時期から芝での好走が見込めるはずだ。距離適性は判然としないところがあり、おそらく使いながらになるだろうが、マイル前後がベストと考える。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ