募集馬情報

リュウメイの2017 牝No. 201709

【イメージ】リュウメイの2017 牝

ダートの短距離での活躍を期待!

  • ●管理調教師が惚れ込んだ好馬体
  • ●フロリースカップ牝系出身
  • ●機敏で素軽い動き
ヘニーヒューズ
母の父
コロナドズクエスト
生年月日
2017年03月29日
性別
毛色
鹿毛
厩舎
美浦・小野次郎厩舎予定
生産地
北海道・日高
生産者
笹川大晃牧場
ベーシック会員一口価格
12,000円 (※2019年保険料 384円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
1,200 万円(税込)
残数
ライト会員一口価格
40,000円
内訳
競走馬出資金
12,000円
維持費出資金
21,600円
保険料出資金
1,037円
手数料等
5,400円
調整金
-37円

近況情報

  • 2019
  • 2018

●2019年03月18日 最新情報

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク800m、1ハロン20~25秒のキャンター2400mのメニューを消化しています。牧場では「精神的に子供の部分は残ってはいますが、人間に対しての接し方が良いですね。騎乗してトレーニングをしても指示に素直に従っています。馬体や動きを見ると少し硬さのあるタイプですが、心配するほどではなくこの馬の特徴なのでしょう。先日、半姉が新馬勝ちをしたので本馬もそれに続きたいですね」と話しています。

●2019年03月01日

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク800m、1ハロン20~25秒のキャンター2400mのメニューを消化しています。牧場では「最近は意識して飼葉を増やしていることもあってか、馬体重は増加傾向にあります。しっかりと食べて体をフックラさせて、今後のペースアップに向けて基礎を固めている段階ですね。3月には坂路コースでの調教を開始する予定なので、さらなるパワーアップが期待できそうです」と話しています。
【イメージ】

●2019年03月01日の測尺・馬体重

体高
161cm
管囲
20cm
胸囲
180cm
馬体重
467kg

●2019年01月31日

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク800m、1ハロン20~25秒のキャンター2400mのメニューを消化しています。牧場では「この中間は乗り込みの距離を増やして、基礎体力強化のメニューに終始しています。特別に良いところや悪いところは今のところ見つからないような感じで、現時点では順調の一言。これからペースを上げていくことで、個性や特性も見えてくるでしょう。元気で乗り込み量をしっかりと確保できるのは、この時期には大切なことだと思います」と話しています。
【イメージ】

●2019年01月31日の測尺・馬体重

体高
160cm
管囲
20cm
胸囲
180cm
馬体重
460kg

more

●2018年12月28日

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク800m、1ハロン25秒程度のキャンター1600mのメニューを消化しています。牧場では「体力が付いてくるのに伴ってどんどん調教量を増やしていて、現時点では言うことのない調整過程です。見栄えのする馬体をしていて、良い具合に成長していると思いますよ。人に対して素直なところを見せているので、精神的にも大人になってきたのだと思います」と話しています。
【イメージ】

●2018年12月28日の測尺・馬体重

体高
160cm
管囲
20cm
胸囲
180cm
馬体重
452kg

●2018年11月30日

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク1600m、ハッキング1600mのメニューを消化しています。牧場では「普段から飼葉喰いが良好で、それに伴って体力が付いてきた印象です。調教中はたまにバタバタしたりして、牝馬特有の気性を持ち合わせているのですが、それがこれから悪い方向に出なければ心配ないでしょう。身のこなしが良いので、進めていくのが楽しみな1頭です」と話しています。
【イメージ】

●2018年11月30日の測尺・馬体重

体高
160cm
管囲
20cm
胸囲
181cm
馬体重
453kg

●2018年10月31日

北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダク800m、ハッキングキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「悪さをするようなタイプではなく大人しい気性をしているので、乗り慣らしやロンジングの作業もすぐに終わりました。コースに出しても問題なく対応できているので、ここから距離を延ばしていき、本格的に基礎体力強化のトレーニングに移っていけそうです」と話しています。

more

MOVIE

  • 2019
  • 2018
Youtube Video

2019年03月撮影

Youtube Video

2019年01月撮影

Youtube Video

2018年12月撮影

Youtube Video

2018年10月撮影

Photo Gallery

  • 2018

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年10月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年10月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年10月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年10月撮影

牧場コメント
北海道・日高 グリーンマイルトレーニングセンター 矢野氏
こちらの育成施設に移動してきて、ブレーキングは順調に終わり、フラットコースと坂路コースでの調教を始めました。大人しくて、とても利口で呑み込みが早く、日々教えたことを覚えくれる優等生ですね。騎乗しているスタッフからは『1歳の秋としてはシッカリしているし、動かしてみたらかなり良いです』と評価は上々で、周りから見ていても体が柔らかく感じられ、動きにしなやかさがあります。牝馬にしては馬格があり飼葉もよく食べてくれるため、ここから更に成長しそうです。持ち合わせたポテンシャルは高そうですし、早期デビューを狙っていきたい馬ですね。
血統解説
ヘニーヒューズ産駒で母の父がコロナドズクエスト、地方競馬で活躍した近親が多いという背景を考えると、本馬もおそらくはダートが主戦場となるだろう。アピールポイントは父ヘニーヒューズ×母の父フォーティナイナーのラインの配合という点。JRAでは過去にモーニンの成功例がある組み合わせ。父母の相性はおそらく良いはずだ。
距離的には中距離までこなせるとは思うが、短距離特化の可能性もある。なお長年日本で継承されている伝統的な牝系なので、仕上がりにはやや時間が掛かるかもしれないが、地道に力をつけて行くタイプで、安定した競走生活を送れるのではないだろうか。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ