募集馬情報

プレシャスラインの2017 牡No. 201752

【イメージ】プレシャスラインの2017 牡

クラシックのみならず、 重賞戦線での活躍が見込まれる

  • ●放牧地で見せる柔らかな動きが魅力!
  • ●早い時期からの活躍が見込めそう
ジャスタウェイ
母の父
キングカメハメハ
生年月日
2017年03月29日
性別
毛色
鹿毛
厩舎
栗東・牧浦充徳厩舎
生産地
北海道・日高
生産者
下河辺牧場
ベーシック会員一口価格
28,000円 (※2019年保険料896円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
2,800 万円(税込)
残数
ライト会員一口価格
57,400円
内訳
競走馬出資金
28,000円
維持費出資金
21,600円
保険料出資金
2,420円
手数料等
5,400円
調整金
-20円

近況情報

  • 2018

●2018年09月03日 最新情報

北海道・日高の下河辺牧場に在厩。育成先は同牧場となります。
※7月末時点の測尺 体高150.0cm 胸囲171.0cm 管囲19.5cm
※馬体重は後日お知らせいたします。

Photo Gallery

  • 2018

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

牧場コメント
北海道・日高 下河辺牧場 柏原氏
脚長でスラッとしていているあたり、母馬がコロンとした馬ですから、本馬には父馬の特徴が出ていると思います。母馬は種牡馬の良さを出すタイプで、1つ上の半兄はゼンノロブロイ産駒でガッチリしていますが、本馬は父がジャスタウェイに変わり、1歳夏の段階では体型を見ると芝向きのような気がしています。叔母にアユサンやマウレアがいて芝で活躍していますが、アメリカ血統でファミリーにはダートでも走る馬もいますので、ダートがダメということはないでしょう。産まれてからここまで健康面で心配になることはなく、日を追うごとに体に身が入ってきた感じがしますから、このまま成長していけば将来はかなり活躍できるんじゃないかと期待しています。
血統解説
血筋の良さが光る1頭。叔母に桜花賞馬アユサン、さらに2018年の春の牝馬クラシックを盛り上げたマウレアがいる。そして初年度から頭角を現しつつある種牡馬ジャスタウェイが父だから、血統表にはハーツクライ、キングカメハメハ、ストームキャット、アファームドなど、今の中央競馬の核となっている主要種牡馬が散りばめられていることになる。
本馬は叔母たち同様、2歳戦から芝のマイル前後で本領を発揮し、また晩成型の父の影響が出れば、5歳6歳となっても力が衰えず走れる可能性がある。牡馬だけに、軌道に乗れば大きいところが狙える存在になり得る1頭だ。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ