募集馬情報

ミエノプリンプリンの2017 (ルミリンナ) 牝No. 201754

【イメージ】ミエノプリンプリンの2017
(ルミリンナ) 牝

今は亡きスウェプト オーヴァーボード産駒

  • ●機敏な動きと手先の軽さが際立つ
  • ●父の産駒は早い時期から活躍馬を輩出
スウェプトオーヴァーボード
母の父
ハービンジャー
生年月日
2017年03月18日
性別
毛色
芦毛
厩舎
栗東・大根田裕之厩舎予定
生産地
北海道・日高
生産者
船越牧場
ベーシック会員一口価格
0円 (※2019年保険料0円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
0 円(税込)
残数
ライト会員一口価格
27,000円
内訳
競走馬出資金
0円
維持費出資金
21,600円
保険料出資金
0円
手数料等
5,400円
調整金
0円

近況情報

  • 2019
  • 2018

●2019年07月16日 最新情報

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。大根田調教師は「順調に良化を辿っていますね。今のところ、8月中に栗東の近くに移動して9月に入厩するようなイメージをしています」と話し、牧場では「乗り込みは順調で、馬体が締まって競走馬らしくなってきた印象。これからはより本格的な調教を施していきたいですね」と話しています。

●2019年06月28日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「この中間は少し軽めに15-15が中心ですが、単走と併せ馬でバリエーションをつけたメニューにしています。だいぶ進んできているので、そろそろ移動を意識して疲れを残さないようなメニューも必要になってくるでしょう。体型的にも精神的にも大人になってきたと思いますよ。馬体重は456キロです」と話しています。
【イメージ】

●2019年06月14日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「父の産駒には前向きすぎる馬が多いのですが、この馬は牝馬ですが淡々と走れますね。そういう意味でもある程度、距離は持つのかもしれません。こういう気性は実際のレースにいくと間違いなくプラスに働くと思います。動きの良さも目立ちますし、センスがありそうです」と話しています。

●2019年05月31日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「坂路を駆け上がる姿がだいぶ力強くなってきましたね。馬体には幼さが残るのですが、走りっぷりはなかなかいいですよ。集中して調教に臨めるところは評価したいところです。先日、来場した大根田先生も『順調ですね』と笑顔でしたよ」と話しています。
【イメージ】

●2019年05月31日の測尺・馬体重

体高
156cm
管囲
20cm
胸囲
181cm
馬体重
459kg

●2019年05月09日の測尺・馬体重

体高
156cm
管囲
20cm
胸囲
184cm
馬体重
456kg

●2019年05月08日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「坂路のスタート時に、ゲートの中で駐立させてハッキングで出ていくような実践的なトレーニングも取り入れ始めました。順調に調整を進めていますが、馬体重が減ってこないのは頼もしいですね。性格も少しずつですが、大人っぽくなっているように思います。順調に馬が良くなっているのを感じますね」と話しています。
【イメージ】

●2019年04月19日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。引き続き、ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「見た目からするともう少し馬体重があってもいいので、さらに中身が入ってくるともうひとつパワーアップできると思います。調教中の動きにはスピード感があって、普段から素直でいい動きをしています。首の使い方が上手なのが長所なのかなと感じています」と話しています。

●2019年04月15日

【競走馬名決定】 
ルミリンナ Lumilinna
由来意味:フィンランドのケミ市で毎年冬季に建てられる雪と氷で造られた城。

●2019年03月29日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン13~17秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「この中間は一段ペースを上げて、坂路ではラストにハロン13秒くらいまで脚を伸ばしています。うるさいという程ではないですが、牝馬らしいピリッとした性格をしています。そのせいか、走りや動きも素軽く感じますね。状態としては非常にいいと思います。軽く動ける馬体になってきていますが、もうひと回り成長してきそうな雰囲気もあるので、様子を見ながらペースを調整したいと思います」と話しています。
【イメージ】

●2019年03月29日の測尺・馬体重

体高
155cm
管囲
20cm
胸囲
185cm
馬体重
448kg

●2019年03月18日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター1600m、坂路コースで1ハロン15~18秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「父の産駒らしい素軽さがありますね。全体的に幼い馬体ではありますが、もともと成長力はありそうだと感じていましたし、いい変わり方をしてきている印象があります。現時点でもそこそこ動けてはいますが、今後の成長や変化も楽しみです」と話しています。

●2019年03月01日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター2400m、週2回坂路コースで1ハロン15秒程度のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「15-15を初めていくらか精神的にピリッとしてきましたが、必要以上にピリつかないのはいいですね。テンションが上がることはなく、集中してトレーニングに取り組めています。馬体重は440キロくらいですが、今の時期の牝馬としては水準かなと思います。今後もペースに強弱を付けながら成長を促していきたいと思います」と話しています。
【イメージ】

●2019年03月01日の測尺・馬体重

体高
154cm
管囲
20cm
胸囲
183cm
馬体重
442kg

●2019年01月31日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター1600~2400m、週2回坂路コースで1ハロン17秒程度のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「年末年始に少し楽をさせた後はペースを上げていて、併せ馬で強めの調教をこなすことができるようになりました。馬体重は少し減りましたが、重め感のない良い体付きをしています。牝馬ですが飼葉喰いが落ちていないところは安心できますよ。走る気持ちがあって真面目に走ってくれるのが長所ですね」と話しています。
【イメージ】

●2019年01月31日の測尺・馬体重

体高
154cm
管囲
20cm
胸囲
183cm
馬体重
443kg

more

●2018年12月28日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン22秒程度のキャンター1600m、週2回坂路コースで1ハロン18~20秒のキャンター800mのメニューを消化しています。牧場では「外傷の影響で休ませた期間がありましたが、その間に馬体がフックラしてきました。傷の方はすっかり良くなって、馬も気にしている様子はありません。怪我の功名と言えばいいのか、馬にとっては良い時間になったのではないでしょうか。他馬と同じくらいのペースで調教できるようになったので、今後も様子を見て進めていきます」と話しています。
【イメージ】

●2018年12月28日の測尺・馬体重

体高
153cm
管囲
20cm
胸囲
181cm
馬体重
454kg

●2018年11月30日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。ウォーキングマシン運動を消化しています。牧場では「今月半ばからコースに出て騎乗運動を開始していましたが、調教中に他馬と接触した際に蹴られてしまい、左の上腕に外傷を負ってしまいました。そのため調教は休みにしていますが、傷は順調に治ってきています。この休みを良い方に捉えて、心身の成長する時間になってくれるといいですね。月が替わればまた運動を再開できると思います」と話しています。
【イメージ】

●2018年11月30日の測尺・馬体重

体高
152cm
管囲
20cm
胸囲
182cm
馬体重
454kg

●2018年10月31日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。現在は馴致が進められています。牧場では「462キロで入厩してきたように、馬格はそれなりのものがありますね。移動してきたばかりの時と比べると、馬が成長して変わってきた印象もあります。気性的にはピリッとしたところがありますが、父馬の産駒はこういう馬の方が走りますからね。普段は大人しいので馴致は順調で、ほどなくして馬場に出られるのではないでしょうか」と話しています。
【イメージ】

●2018年10月10日

7日に北海道・日高のファンタストクラブに移動しました。

●2018年10月10日の測尺・馬体重

体高
152cm
管囲
20cm
胸囲
182cm
馬体重
462kg

●2018年09月28日

北海道・日高の船越牧場にて育成中です。現在は昼夜放牧されています。10月上旬に育成先の北海道・日高のファンタストクラブに移動し、馴致が始められる予定です。牧場では「放牧地や普段の手入れでは気の強いところを見せています。このあたりが競馬にプラスに働いてくれると良いですね」と話しています。

●2018年09月03日

北海道・日高の船越牧場に在厩。育成先は北海道・日高のファンタストクラブの予定です。
※7月末時点の測尺 体高150.0cm 胸囲180.0cm 管囲20.0cm
※馬体重は後日お知らせいたします。

more

MOVIE

  • 2019
  • 2018
Youtube Video

2019年06月撮影

Youtube Video

2019年04月撮影

Youtube Video

2019年03月撮影

Youtube Video

2019年01月撮影

Youtube Video

2018年12月撮影

Youtube Video

2018年10月撮影

Youtube Video

2018年10月撮影

Photo Gallery

  • 2018

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2018年08月撮影

牧場コメント
北海道・日高 船越牧場 船越氏
初仔なのでどちらかと言うと小柄でしたが、これまでひとつも病気をしたことがないですし、昼夜放牧でもへこたれることなく、夏を迎えて馬体が大きくなってきました。性格的なところでは、気の強いところはありますが人に対しては従順で扱いやすいですね。放牧地を走り回っている姿からは、スピードがあるように感じられる一方、パワーもありそうな印象を受けるため、芝もダートもこなせそうで短距離から中距離のタイプかもしれません。期待している繁殖牝馬の産駒ですし、近親にクラウンプリンセスやリーチザクラウンがいますが、本馬にはそれ以上に活躍してもらいたいと思っています。
血統解説
シックスクラウンズの流れを汲む名牝系で、遠縁に大種牡馬チーフズクラウン、近親にはダービー2着のリーチザクラウンや、上級で堅実に活躍したエーシンエフダンズ、エーシンジーラインらがいる。また祖母クラウンプリンセスもオープンに昇っている。ハズレの出にくい一族だ。
父が芝ダート問わず、短距離に特化する傾向のあるスウェプトオーヴァーボードであり、本馬の毛色も父と同じなので、おそらくは短距離型になろう。そして牝系からは芝馬と思われる。現時点ではサンプルが皆無に等しい「母の父ハービンジャー」だが、馬力身上なので、快速系の父との相性はとても良いはずだ。筆者が個人的には好きな配合である。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ