募集馬情報

ブーケドロゼブルーの18 牡No. 201801

【イメージ】ブーケドロゼブルーの18 牡

芝の王道路線での活躍を期待

  • ●スラリと伸びた四肢と脚捌きの柔らかさが目を引く本馬。馬体に窮屈なところがなく、良質な筋肉が付くべき余地を残しています。父ゴールドシップ、伯父コスモバルクがそうだったように、芝の中長距離路線を賑わせてくれることでしょう。これからどんどん白く美しくなるであろう芦毛にも注目です。
ゴールドシップ
母の父
ロージズインメイ
生年月日
2018年03月06日
性別
毛色
芦毛
厩舎
美浦・畠山吉宏
生産地
北海道・三石
生産者
加野牧場
一口価格
20,000円 (※2020年保険料640円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
2,000 万円(税込)
残口数
ライト会員初回お支払い価格
31,140円
内訳
競走馬出資金
20,000円
維持費出資金
7,200円
保険料出資金
640円
購入手数料
3,300円

近況情報

  • 2019

●2019年11月29日 最新情報

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。2000mのキャンターや坂路コースで1ハロン18秒程度のキャンターを中心に調整しています。
牧場担当者「現時点ではとても成長力がありそうなイメージです。ゴールドシップ産駒らしく完歩の大きい走りを見せていて、芝の長いところを走れそうです。気性的にもヤンチャなところを見せていないので、そういう意味でも長距離は向いていそうです。体の使い方が上手なので、先々に期待したくなりますね」
【イメージ】

●2019年11月29日の測尺・馬体重

体高
165cm
管囲
20cm
胸囲
178cm
馬体重
455kg

●2019年10月25日

北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。
牧場担当者「9月上旬から騎乗調教を開始しています。早めにこちらに入ってきて順調に進められていて、現在は屋内トラックを2周(1600m)、ハッキングキャンターをこなしています。力をだんだん付けてきている印象で、気性的には今のところ難しい面は出していません。今の時期にこの距離を乗るのはなかなか大変だと思いますが、問題なくこなしてくれていますよ」
【イメージ】

●2019年10月25日の測尺・馬体重

体高
160cm
管囲
20cm
胸囲
178cm
馬体重
439kg

●2019年09月27日の測尺・馬体重

体高
159cm
管囲
20.4cm
胸囲
174cm
馬体重
422kg

more

MOVIE

  • 2019
Youtube Video

2019年11月撮影

Youtube Video

2019年10月撮影

Youtube Video

2019年09月撮影

Photo Gallery

  • 2019

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年11月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年10月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

コメント
母ブーケドロゼブルーは自厩舎でやらせてもらいましたが、能力がある馬で東京の芝1600mと芝1800mで2勝してくれました。その産駒である本馬も距離の融通は利くのではないでしょうか。父ゴールドシップの産駒はそんなに仕上がりが早いイメージはないので、長めの距離が増えてきてから始動するかたちになるのではないかと思います。しかしながら、札幌2歳ステークスでは父の産駒がワンツーを決めており、母のデビューも遅くはありませんでしたから、本馬も順調にいけば早めの始動も可能でしょう。ブーケドロゼブルーの仔をやらせていただいくことになり、血統的にすごく楽しみにしています。(美浦・畠山吉宏調教師)

ロージズインメイの肌にステイゴールド系は相性がいいと思い配合を決めました。本馬は父ゴールドシップ譲りの気の強いところがあって、放牧地では2本脚で立ち上がったりして群れのリーダーのような雰囲気を漂わせていました。それでも人に対しては素直なところがあって、手入れなどで苦労をしたことはありませんでした。馬体は母と父の良いところを受け継いだような印象。体高は順調に伸びてくれています。普段から素軽い動きを見せているので、芝で良いところが出るのではないかと思っています。ゆくゆくはクラシック路線に乗るような馬に育ってほしいですね。(加野牧場 加野氏)

解説
【血統解説(水上学氏)】
父ゴールドシップは、本年初年度から重賞勝ち馬を送り出し、種牡馬として期待通りの好スタートを切った。本馬は、父がヘイローとトライバルチーフの4×5、母が同じ組み合わせの5×5ということで、かなり強いクロスを持つ。そのため気性的には前向きなところが出そうで、強いクロスの馬に多いスピードタイプと思われる。ゴールドシップ産駒のイメージとしては異色の、やや短い所で走りそうな組成だ。本クラブではおなじみ、イセノトウショウの在来牝系で、体質のタフさは折り紙付き。伯父にコスモバルクがいる。仕上がりは早く、順調なら2歳夏から芝で戦線を賑わせてくれることを期待したい。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
まだ数少ないサンプルの中で言うのは気が引けるのですが、ゴールドシップ産駒には2つのタイプがあると考えています。ひとつはゴールドシップの特徴を受け継いでいるタイプ、もうひとつはゴールドシップの父ステイゴールドのそれが隔世遺伝しているタイプです。前者であれば、雄大な馬体を有しており、手脚も長く、大きなフットワークで走る。気性はズブくて、なかなか前に進んで行かず、それゆえに追われてからジワジワと伸びてバテない。後者であれば、馬体はそれほど大きくないが、ビックリするようなバネの強さとパワーがあって、一瞬の脚の鋭さや心肺機能の高さで他馬を圧する。そして、両者に共通するのは、気性の激しさや難しさであり、それに伴う闘争心です。個人的には、ブーケドロゼブルーの18は前者だと見ています。芦毛だからということではなく、馬体が大きくなりそうということでもなく、ゴールドシップらしい武骨な雰囲気をまとっているからです。前後躯にバランス良く実が入って、首の長さや太さも理想的です。胴部にはもっと長さが出てもらいたいところですが、現状の馬体ですと芝の2000m前後が適距離になるのではないでしょうか。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ