募集馬情報

サトノアスカの18 牝No. 201854

【イメージ】サトノアスカの18 牝

牝馬クラシックを狙える好素材

  • ●脚元や骨格に狂いがなく、成長を心待ちにしたくなるバランスの良い好馬体。叔母には東京芝1600mのGⅠを制したアドマイヤリードがおり、本馬も同様の舞台での走りを見たくなります。「アイアンホース」と呼ばれた祖父、超一流血統の父から良いところを受け継いだ好素材だけに、大きなところでの活躍を期待せずにはいられません。
ドゥラメンテ
母の父
Giant's Causeway
生年月日
2018年03月16日
性別
毛色
鹿毛
厩舎
栗東・寺島良
生産地
北海道・門別
生産者
奥山博
一口価格
20,000円 (※2020年保険料640円)
募集口数
1,000口
競走馬出資金総額
2,000 万円(税込)
残口数
ライト会員初回お支払い価格
31,140円
内訳
競走馬出資金
20,000円
維持費出資金
7,200円
保険料出資金
640円
購入手数料
3,300円

近況情報

  • 2019

●2019年11月29日 最新情報

北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCの屋内トラックコースでの調教を開始しています。
牧場担当者「馴致を終えてロンギ場でしっかり動けるようになってきたので、BTCに通い始めています。まだ動きに力強さはありませんが、回数をこなして重い馬場に慣れてくれればと思います。タイミングを見て坂路調教にも着手したいですね。気性面では落ち着いていて、他馬の動きに影響を受けるようなことはありません。良い意味で真面目ですね。飼葉喰いも良好ですよ」
【イメージ】

●2019年11月29日の測尺・馬体重

体高
153cm
管囲
20cm
胸囲
176cm
馬体重
440kg

●2019年10月25日

北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。
牧場担当者「現在は騎乗運動を始めてから2週間くらいで、ロンギ場で速歩を踏んでいます。気の強いところを見せていますが、扱いが難しいレベルではないので心配ないですね。メニューとしてはウォーキングマシンに30~40分入れた後、20~30分くらいの騎乗運動を行っています。ここからはキャンター調教を始めて体力をつけながら進めていきます」
【イメージ】

●2019年10月25日の測尺・馬体重

体高
153cm
管囲
20cm
胸囲
176cm
馬体重
430kg

●2019年09月27日の測尺・馬体重

体高
153cm
管囲
19.8cm
胸囲
172cm
馬体重
422kg

more

MOVIE

  • 2019
Youtube Video

2019年11月撮影

Youtube Video

2019年10月撮影

Youtube Video

2019年09月撮影

Photo Gallery

  • 2019

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年11月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年10月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

【イメージ】Photo Gallery 01

2019年09月撮影

コメント
女の子らしくそこまで大きいサイズには出ていないのですが、体の使い方は柔らかく、バランスよくまとまった馬体をしています。シンプルに良い馬だなと思ったのが第一印象でしたね。ドゥラメンテの産駒ということで期待はとても大きく、芝の中距離くらいで走らせていきたい素材だと感じています。芝の中距離で勝ち上がってくれるようならクラシック路線を狙っていきたいと思います。クラブとのお付き合いは初めてですが、一つでも多く勝って良い結果を残せるように頑張っていきたいと思います。(栗東・寺島良調教師)

産まれつき比較的、胴の短い本馬ではありますが、牝馬にしてはしっかりとしたトモの張りがあり、力強い踏み込みからも機敏性、瞬発力の高さを想像します。生後3ヶ月より夜間放牧を行っていて、その間も大きな怪我や病気などをすることなく基礎体力の強化に努められています。しっかりと負荷をかけることによって、無駄なところに肉が乗るというよりも、付くべきところにしっかりと筋肉が付いている印象です。気性的にはたまにスイッチが入る時はありますが、普段は手のかからない扱いやすい本馬です。近親のアドマイヤリードを見てもそうですが、この牝系はわりと小ぶりな傾向にあり本馬も大型馬といった感じではありませんが、手先の軽さや俊敏性からも芝のマイルから中距離路線で活躍してくれるのではないかと思っておりますし、トモの筋肉の発達からアドマイヤリードのような切れる末脚を期待しております。(奥山博氏)
解説
【血統解説(水上学氏)】
急逝したキングカメハメハの後継種牡馬として期待される、ドゥラメンテの初年度産駒。しかも、叔母にはヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードがいるという血統は、かなりのスケールを感じさせる。一族にはフランス、イタリアの重賞勝ち馬が目白押しだ。さらに個人的に目を惹かれるのは、母の父にジャイアンツコーズウェイを持つこと。とにかくハズレがなく、父にかかわらず競走能力が高い馬を出すのが特徴だ。ドゥラメンテにこの好配合の母という組み合わせには、期待せずにいられない。芝馬であることは間違いなく、距離の幅は1400m以上なら広く対応するとみる。本格化にはやや時間が掛かるかもしれないが、とても楽しみな1頭だ。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
父ドゥラメンテは馬格があって、手脚が長く、胴部にも十分な伸びのある馬体です。似たような血統構成のルーラーシップとの馬体の違いは、ドゥラメンテの方が胴部に長さがあるということです。祖母エアグルーヴや曾祖母ダイナカールは比較的コロンとした馬体でしたので、ドゥラメンテのロングボディーは母アドマイヤグルーヴ譲りなのです。産駒たちにもロングボディーは伝わっていて、胴部が長い中長距離タイプの体型の馬が多い。ドゥラメンテ産駒は馬体を大きく使って走るので、中距離以上のレースで瞬発力を生かすタイプが多く誕生するでしょう。本馬も胴部には十分な伸びがあって、しかも前後躯にしっかりと実が入り、実に理想的なバランスの馬体をしています。大げさではなく、外見上は非の打ちどころのない、完璧な馬体と言っても過言ではありません。課題は癇性のきつさかもしれません。癇性のきつさは瞬発力を生みますが、逆に言うと、扱うのが非常に難しいということでもあります。生産から育成、調教、そしてレースに行っても、とにかく人間の扱い方次第で、ドゥラメンテ産駒は良くも悪くも変わってしまうはず。ということで、あとは厩舎スタッフの手腕に期待です。

血統図

【イメージ】血統図

牝系図

【イメージ】牝系図
YGGオーナーズクラブ