バナーエリア

202221.アヴァマローネ2022(ロッソヴィーノ)

近況

戻る
2024/5/23

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「状態は着実に上がっていますね。坂路でハロン16秒から15秒を切るくらいを計測しながら進められているので、丈夫になったなと感じています。週4本の坂路を継続しながら反動を見て、どこかで疲れは出ると思うのでリフレッシュもさせながら少しずつ負荷を強めて行きたいと思います」

2024/5/20 馬体重:489キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
160.0cm 21.0cm 184.0cm 489kg
2024/5/11

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「育成当初は頓挫もあったので慎重に進めていますが、我慢をしたおかげか今は状態はとても良いですね。先日意識的に気合いをつけるつもりで併せ馬で15-15をやってみましたが、楽に上がってきましたし、以前はトモが流れたり開き気味に走るところがありましたけど、そういう所もなくなってきましたし、馬体のハリを見ると状態の良さを感じますね。現在は坂路で週3本15-15のメニューで進めていますが冬に我慢してきた馬なので、もうしばらくこの運動を続けて、タイミングを見て4本に増やして行けたらと思っています」

2024/4/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「坂路を週3本、ハロン16秒から15秒くらいの所を乗っています。頓挫があってまだ乗り込み量も少ないので慎重に進めていますが、自然とハロン15秒が出たりしながらで体力もついてきている印象なので、来月はどこかのタイミングで4本に増やしても良いかなと思っています」

2024/4/22 馬体重:489キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
158.0cm 21.0cm 185.0cm 489kg
2024/4/16

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「この中間は週3本ハロン16秒のメニューで、頓挫もあったのでじっくり進めていますが、現在の状態は良いので今後は坂路を1本増やして行けると思います。また増やしてからの状態を見ながら調教量を考えていきたいと思います」

2024/4/1

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「立ち上げ始めてからは順調にやれていまして、坂路を週3本ハロン17秒の指示で進めています。以前より動きにまとまりも出て力強く動けるようになっていますが、ずっと順調に進められていた馬ではないので、現状は無理をせず、自然と動けるようになるのを待ちながら進めて行きます」

2024/3/19 馬体重:489キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
157.0cm 21.0cm 185.0cm 489kg
2024/3/17

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「今月から運動を再開して、休み期間が長かったので立ち上げは丸馬場でしっかり乗って脚元を確認し、問題ない事が確認出来たので坂路調教を再開しました。捻挫をする前は、なんかトモを開いて坂路を上がっているなという風に見えていて、その後捻挫をしてしまったんですが、今回立ち上げて坂路に行った時の動きを見るとトモを開く動きがなくなっていて、しっかりトモを踏ん張って、むしろ今までで一番良い動きを見せていたので、全体的に疲労が溜まっている中で捻挫をしてしまって、そこから休ませて今は疲れも抜けて状態が良くなかったのかなと思います。乗り役の感触も良かったです。ただ、半兄(コスタドラーダ)の事を考えると疲れが溜まりやすかったり回復が遅かったりという事があったので、まずは慎重に進めて行きたいと思います。週3日ハロン17、18秒くらいで様子を見ながらやって行きます」

2024/3/1

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前球節を捻挫して、屈曲痛はすぐになくなったものの球節の張りが残っていたので無理せずに休ませていましたが、昨日の段階で熱感もなく痛みもなく、張りに関してもだいぶ気にならなくなったので、今日からマシン運動を始めました。これで変化を見て今後進めて行けるか判断したいと思います」

2024/2/23 馬体重:490キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
157.0cm 21.0cm 184.0cm 490kg
2024/2/17

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「この中間に球節を捻挫して、少しハコウしたので現在は楽をさせています。レントゲン検査では骨には異常はなかったですが、完治してから運動再開して行きたいと思います。それまでは坂路でハロン17から16秒のメニューで進めていましたが、モニター越しに見ているとトモを少し開きながら蹴り返しているので、まだ後ろの力が上手く伝わり切ってないのかなという感じがします。その分前脚に負担がきたのかなとも感じています。半兄(コスタドラーダ)の事も考えると、焦らずに進めて行きたいなと思っています」

2024/2/8

本馬の競走馬名は「ロッソヴィーノ」に決定いたしました。
Rosso Vino:葡萄酒色(伊)。母名マローネ(伊語で栗色)から連想

2024/1/26

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「坂路で週3本ハロン17秒のペースで進めています。フレグモーネで出遅れましたが、元々ある程度やれていたので乗り出してからも問題なく進められています。今後はハロン16秒も入れながら進めて行きたいと思います。馬は良いですがまだまだ幼いので今後の成長を楽しみにしたいですね」

2024/1/23 馬体重:482キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
157.0cm 21.0cm 184.0cm 482kg
2024/1/12

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「フレグモーネで休養する期間がありましたが、乗り出してからは順調に進められています。現在はハロン17秒くらいの所で乗っていますが、1月中にはハロン16秒まで上げて行きたいと思います。体幹もしっかりしていますし、バランスも良いからか変に悪さをする事もあまりなくどっしりした気性ですね」

2023/12/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「脚元の状態も落ち着いたので、引き馬からマシン運動、ロンジングと進めてきましたが、全く問題なく馬もすごく元気だったので、この中間に騎乗調教も再開しています。18日から跨り始めて、23日からBTCに通い始めています。繋ぎの状態も動かす事で逆に枯れていく感じで不安もなくなりましたので、まだゆっくりのペースですが坂路も上がり始めています。この後は正月休みを挟みますが、このまま坂路調教を継続して行けると思います。休んだ期間が長かったので、急にペースは上げずに様子を見ながら進めて行きたいと思います。乗り出してからは気性面は落ち着いて乗れています。元々馬の雰囲気は凄く良いので、休養を挟んで乗り出してからも崩れずにきています」

2023/12/22 馬体重:497キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
156.0cm 21.0cm 184.0cm 497kg
2023/12/9 馬体重:499キロ

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前のフレグモーネからのハ行で休養期間を長く取らせて頂いていますが、11/27のレントゲン検査では骨増生も収まってきて変化が見られたので、痛みの原因としてはそこを疑いながら経過を見て行こうという事で、引き続き様子を見ていましたが、この中間は歩様も良化してきて繋の痛みも取れてきたので、現在はマシン運動を開始しています。来週11日にまたレントゲン検査を行って状態を確認してから騎乗運動を再開して行く予定です。」

2023/11/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「月曜日に獣医に診てもらい、再度蹄のレントゲンを撮ったんですが、歩様も良化していて繋ぎの部分の痛みもほとんどなくなってきていまして、レントゲン上も蹄の骨増生の部分も1カ月前と比較すると良化してきています。良い方向に変化が起きてきているので、獣医曰く今回の症状の原因としては考えづらい箇所ではあるんですが、他に原因も見当たらないので、恐らくそこ(蹄の骨増生)からくる症状だと思われるので、蹄の骨増生が完治してから運動を開始しようという事になりました。もう1~2週間おいてから再度蹄の状態を確認し、問題なければ動かしていけると思います」

2023/11/21

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前繋ぎはやはりフレグモーネの可能性が高いので継続して治療を行っていますが腫れの引きが悪く、念のため蹄のレントゲンも撮った所、正面に骨増生が見られたり内側には古い骨折線があったりで、徐々に良化はしているんですがまだ腫れは引ききっておらず歩様にはハコウが見られるという状況です。今後蹄の骨増生に何か変化が見られるのであればそこが原因と判断出来るのかなと思います。歩様が良くなれば動かして行けると思いますが、まだ残っているんですよね。蹄を挟んでも痛くないんですけど、繋の腫れている部分をグッと押すと嫌がるので、骨には異常はないものの、繋が腫れている事で馬は痛みを感じてるのかなと思います。」

2023/11/17 馬体重:494キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
156.0cm 21.0cm 184.0cm 494kg
2023/11/9

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前の繋ぎの状態ですが、現時点でも若干腫れが残っており、歩様も完全とは言えない状態のため、今日また獣医にレントゲン撮影をしてもらいました。今回は蹄の方も撮影して検査してもらったんですが、蹄の正面に骨膜が出ており、それと内側から正面寄りにも骨膜が出ていました。あとは内側の後ろの方に古い骨折痕が見つかりました。実際これが影響してのものなのかは不明で、それと正面に骨膜が出るという事もあまりない事例なので、その原因もはっきりしない感じです。ただ、こういった所見が見つかった事からは蹄の骨膜からの感染症で上の方に腫れがきた可能性が考えられます。あくまで推測で断定は出来ないので、一応そういった所見が見られたという事ですね。血液検査の数値は改善しており、数値的には問題ないんですが、歩様がまだ改善していませんので、もうしばらくは休養して様子を見て、この骨膜がどう変化をしていくかも含めて経過を見て行きます」

2023/11/2

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前繋ぎの腫れに関しては、症状は徐々に改善しているんですが、フレグモーネにしては治りが緩やかだなという事で、獣医も慎重になって腫れの部分のエコー検査をしたり、何か他に原因がないか調べたりはしたんですが、やはり他に気になる所はなかったのでフレグモーネだと思われます。完治まではまだ少し時間がかかりそうですが、経過としては良い方向に向かっています」

2023/10/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「現在は週2回BTCの坂路でハロン20秒から17秒くらいの調教メニューで、前進気勢があって、そこは半兄(コスタドラーダ)とはまた違ったタイプで順調に進められていたんですが、金曜日の調教時に右前を気にする所があったため獣医に診てもらいました。蹄も球節も問題なく、繋だけが腫れもあって反応があり、白血球の数値も高くなっていたので、フレグモーネだろうという診断でした。注射を打って治療してもらいましたので、まずはそこの治療に専念して行きます」

2023/10/23 馬体重:474キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.0cm 21.0cm 182.0cm 474kg
2023/9/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「9月16日に入厩し、馴致を開始して現在はロンギ場で跨っています。今後は他の馬と一緒に運動して慣れさせてから、BTCにも通い始めたいと思います。今の所は脚元も問題ないですし、気性面も問題ないのでスムーズに進められています」

2023/9/25 馬体重:455キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.0cm 21.0cm 182.0cm 455kg
2023/9/16 (森本スティーブル)

16日に北海道・森本スティーブルに移動しました。

2023/8/31 馬体重:465キロ

北海道・静内ファーム在厩

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.7cm 20.6cm 188.0cm 465kg
2023/7/21 (静内ファーム) 馬体重:420キロ

北海道・静内ファーム在厩
9月頃に育成先の森本スティーブルに移動をして騎乗馴致を開始する予定です。
※馬体状況により移動が前後する場合がございます。
測尺・馬体重測定日7月13日

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.0cm 20.5cm 180.0cm 420kg