バナーエリア

絞り込み

募集状況 所属 性別 並び替え
  • 5頭
2020/7/9

美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて育成中です。
牧場担当者「5日の夜に馬房で寝違えてしまったようで、左のトモ、股関節のあたりを痛めてしまいました。今日まで休ませてだいぶ良くなってきていますが、今週いっぱいは舎飼で様子を見た方が良いかなと思います。だいぶ動けるようにはなってきているので、股関節周りの炎症が取れれば運動を開始できるかなと思います」

2020/7/9

京都府の宇治田原優駿ステーブルにて育成中です。坂路コースにて1ハロン15~18秒のキャンターを中心に調整しています。
牧場担当者「変わらず15-15を行っております。昨日は結構動いたので、次はどうしようかなという所ですね。土曜日にちょっと強めに行ってみるかどうか、明日の普通キャンターを見て考えようかなと思います。今週末の15-15を馬なりにしたとしても、来週水曜日は14-14くらいをやるつもりでいます。動くようになってきていますよ。ゲートの方も問題ないです」

2020/7/9

兵庫県のヒイラギステーブルにて育成中です。坂路コースで1ハロン13~18秒のキャンターを中心に調整しています。
牧場担当者「馬体重は465キロです。先週から週1本、ハロン15秒から終い13秒くらいまで強めの時計を入れ始めています。強めの1本目のわりにはしっかりと最後まで動けていて、思ったよりも動けたので、渡辺調教師にも状態を伝えています。まだ3歳未勝利の馬がいるので入厩まではもう少しという事でしたが、移動のタイミングを検討するとのことだったので、入厩まではこのまま週1本は15-15、もう1本は15から強めに終い13くらいまで伸ばす調教を続けていこうと思います。時計を重ねていっても体調や飼葉喰いは問題ないです。元々だと思いますが、少し前の捌きが硬いのが気になりますが、歩様が悪い訳ではないので、そこだけ気を付けながら進めて行きます」

2020/7/2

北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「トモの治療後、立ち上げてきてから坂路で15-15を始めています。腰の感じは以前の良かったころに戻っていますが、このまま続けていくとまた疲れが出る可能性もあるかなと思います。調教ができないわけではないので、ここからは調教を続けながら馬が強くなるのを待っているという段階ですね。馬体重は476キロです」

2020/7/2

北海道・新冠のフジワラファーム万世にて育成中です。キャンター3000m、週1~2回の坂路調教を中心に調整しています。
牧場担当者「すごく順調ですね。最後の1周の頑張りが課題でしたが、それも大分いい動きになってきました。今は坂路では15-15をどんどん出していっています。しっかりハミも取るようになっています。特に悪いところも出ていないですし、脚元もスッキリしています。先日は松下先生が来場しまして『ダートの番組になるだろうから今移動しても目途が立たないので、夏過ぎですね。秋に競馬ができれば理想だな』という話だったので、こちらでは8月半ばまでしっかり乗り続けて、基礎体力を付けて送り出したいと思っています」