バナーエリア

絞り込み

募集状況 所属 性別 並び替え
  • 10頭
2022/9/29 馬体重:446キロ

栗東トレセン近郊のチャンピオンヒルズにて育成中です。
牧場担当者「先週一杯はウォーキングマシンで様子を見させて頂き、今週からはトレッドミルに入れて体をほぐすようにしています。明日から角馬場で乗り出して行く予定です。ちょっと我が強いような雰囲気があるので明日乗ってみてどんな感触かなという所ですね。馬体重は446キロです。飼い葉食いは良いですが、まだ慣れていないのか挙動不審というか、トレッドミルなんかでも逃げていったり中々我の強い所を見せています」
※測尺につきましては、北海道から栗東トレセン近郊のチャンピオンヒルズに移動した関係で今月は馬体重のみとなります。来月以降につきましては測定を依頼しておりますが、測定器具の関係上馬体重のみの更新となる場合がございます。予めご了承ください。

2022/9/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「こちらに移動してきてからまだ日は浅いですが、馴致をスムーズに終えて騎乗調教を開始しています。馴致で体調がガタっと落ちる事もなかったのでBTCの方に通い始めて順調に進められています。普段の扱いも問題ないですし、飼い葉食いも問題ないので、馬の状態を見ながら調教を進めて行きたいと思います」

2022/9/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「骨端炎の影響で様子を見ていましたが、馴致は開始してからはスムーズに問題なく終えましたし、その後の調教でも痛みをぶり返す事もないので、BTCに入れ始めています。まずは坂路でハロン18秒くらいまで進めてみて脚元の状態を見て、そこで問題がなければ量とペースも上げて行きたいと思います。飼い葉食いは良いですね。気性面は今のところ特別手がかかる事もなく問題ありません」

2022/9/29

北海道・99.9にて育成中です。
牧場担当者「現在は丸馬場で騎乗馴致を進めています。気性的に難しい所があって既に3人くらい落とされているので、イケイケにならないように躾をしっかり行いたいと思います。人間も落ち着いて馬の事をサポートしてあげて、馬自身が色々と理解した段階になってからBTCに入れて行きたいと思います。丸馬場に入る時点でスイッチが入ってしまう子で、現状は人に乗られる事でだいぶストレスを感じているようなので、少しずつそういった所を理解するように教えて行けたらと思います。まだ騎乗馴致を行っている段階ではありますが、脚先の運びには凄く軽さがありますし、体が小さい割にはフットワークが大きそうなので、あくまで現時点での印象ですが、芝の中距離くらいでも走れそうな感じがありますね。飼い葉食いは問題ありません」

2022/9/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「BTCの坂路と周回コースを使って順調に調整を進めています。現在坂路ではハロン18秒くらいまで進めています。背も伸びて体も急激に成長している段階ですので、飼い葉と調教量のバランスが崩れないように気をつけたいですね。基本的には大人しい馬で現状は調教に関しては難しい所はありませんので、馬体のバランスという所に注意しながら見て行きたいと思います」

2022/9/30 馬体重:440キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
156.0cm 18.5cm 180.0cm 440kg
2022/9/30 馬体重:477キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
158.0cm 20.0cm 186.0cm 477kg
2022/9/29

北海道・サンバマウンテンファームにて育成中です。
牧場担当者「夜間放牧を継続して行っています。ようやく馬体重も増えてきて体高も伸びてきたので、成長期に入ってきたのかもしれません。引き続き育成場に移動するまで体作りをしていきたいと思います。性格は大人しくて扱いやすいので、腹帯を着ける練習をしていますが、怖がる事もなく前向きに受け入れてくれています。育成場に移動後スムーズに馴致が進められるように準備をしていきます」

2022/9/29

北海道・99.9にて育成中です。
牧場担当者「現在はBTCの直線ウッドコースで3000m程のハッキングをこなしている段階です。BTCに通い始めて10日程度ではありますが、四肢もしっかりしていてバランスも良く良いフォームで走れているので、早い内に坂路に入れて行こうと考えています。BTCに行くようになってからは時折スイッチが入るような所を見せており、力強さがある分アクションが大きくて落とされる騎乗者も出てきたんですが、上手い人間が乗れば制御効くようなレベルです。左前が外向気味で脚向きの難しい面があり、現状は左にもたれてしまう面がありますので、トモにバランス良く筋肉をつけられるように進めて行きたいと思います。全体的な走りのバランスが良く筋肉量も豊富なので走りの力強さは良いものを感じます。飼い葉食いはとても良いです」

2022/9/29

北海道・三石共同育成センターにて育成中です。
牧場担当者「この中間に軽いザ石のような症状が見られたので、時期も時期ですしそこで夜間放牧は終了にしました。現在はパドック放牧にしており、これから馴致を始めて行きます。こちらに来てから夜間放牧をしてきた事で体は随分出来てきたと思います。歩様も今は問題ありませんので、これからどんどん進めて行けると思います」