バナーエリア

201910.コパノリンデンの19(ヴェルトクリーガー)

コパノリンデンの19
募集状況

受付中

マイホース

エスケンデレヤ


(母の父)

コパノリンデン
(ゴールドアリュール)

生年月日 2019年03月21日 性別・毛色 ・鹿毛
所属 美浦 厩舎 大和田成
生産地 門別
生産者 ヤナガワ牧場
一口価格

ベーシック: 11,000円 (※2021年保険料352円)

募集口数 1,000口 総額 1,100万円(税込)
動画 出資状況 -
PDF カタログ 血統図・牝系図
綴り Welt Krieger
由来・意味 天下無双(独)。芝ダートを問わない無双の活躍を期待して

ライト会員について

初回お支払い価格:21,852円

内訳

競走馬出資金 11,000円 維持費出資金 7,200円
保険料出資金 352円 購入手数料 3,300円

3歳時維持費出資金:7,904円(内保険料352円)
※2021年11月にお支払いいただきます。

4歳時以降維持費出資金:7,200円
※毎年11月にお支払いいただきます。

※上記に加え、出資口数に関わらず年会費として定額3300円を2021年以降毎年11月にお支払い頂きます。
2021/4/14

門別牧場にて調整中です。
牧場担当者「基本調教メニューは変わらず、坂路では15-15から終いを伸ばすような形で、トラックコースでは普通キャンター3000mを乗り込んでいます。体も締まってだいぶしっかりしてきました。飼い食いも良いですし順調です。引き運動などでは人を見てヤンチャな所を見せる事もありますが、調教では素直ですし操縦性も良いですね。先日大和田調教師が見に来られたのでいつでも移動して大丈夫ですと伝えています」

測尺・馬体重

測尺・馬体重(2021/4/7更新)
体高 管囲 胸囲 馬体重
164.0cm 21.0cm 188.0cm 538kg

カタログ、血統図・牝系図

コメント・解説

育成牧場コメント(門別牧場・門別氏)

鞍付け馴致から坂路調教に至るまで、痛いの「い」の字も見せないので、丈夫なタイプといえるでしょう。ただ前脚の蹄の形には左右で差があるので、そこだけは前鉄を履かせて装蹄などでバランスに気を付けて調整しています。週1~2回の坂路調教では苦しいそぶりを見せずに駆け上がっています。操縦性が高くて乗りやすいところが本馬の長所で、体が柔らかくて使い方もいいんです。血統的にはダート色が強く、距離は長いところが良さそう。1800mくらいがベストのように感じています。雄大な馬格で仕上がりが早い方ではない可能性がありますが、長い目で見てもらえばどんどんしっかりしてくると思います。大きな期待に応えられるような走りを見せてほしいですね。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】

父エスケンデレヤは9ハロンのG1レース(ウッドメモリアルS)を勝っているように、アメリカ血統の種牡馬としては、馬体全体が筋骨隆々でずんぐりむっくりしていない、窮屈なところが少ないタイプです。胴部には十分な長さがあり、首差しの長さや角度も理想的で、2000m前後の距離がベストです。ケンタッキーダービーなどのクラシックレースに出走することができていれば、1冠くらいは獲れていたかもしれませんね。もちろん付くべきところにしっかりと筋肉は付いているのですが、単なるダートの短距離馬の馬体ではないということ。そのような観点で見るからか、コパノリンデンの19をパッと見た瞬間に、父にも増して、実に伸びのある馬体だと感じました。正直に言うと、馬体を先に見て後から血統を知ったのですが、手脚がスラリと長く、胴部にも伸びがあり、決して重い筋肉が付いていない、血統イメージとは異なるタイプの馬体を有しています。芝のレースでも走るのではと思わせられるほど。馬体を大きく使って走り、距離が延びて良さが出るタイプでしょう。ひとつだけ課題を挙げると、頭の位置が少し高いので、スラリと長い首を上手に使って走れるようになると、ゴール前のもうひと伸びにつながるはずです。