バナーエリア

201912.ベガグレシヤスの19(ライラボンド)

ベガグレシヤスの19
募集状況

受付中

マイホース

キズナ


(母の父)

ベガグレシヤス
(アドマイヤドン)

生年月日 2019年04月09日 性別・毛色 ・黒鹿毛
所属 栗東 厩舎 清水久詞
生産地 静内
生産者 片岡博
一口価格

ベーシック: 14,300円 (※2021年保険料458円)

募集口数 1,000口 総額 1,430万円(税込)
動画 出資状況 -
PDF カタログ 血統図・牝系図
綴り Lyra Bond
由来・意味 こと座+キズナ。母名、父名より連想

ライト会員について

初回お支払い価格:25,258円

内訳

競走馬出資金 14,300円 維持費出資金 7,200円
保険料出資金 458円 購入手数料 3,300円

3歳時維持費出資金:8,116円(内保険料458円)
※2021年11月にお支払いいただきます。

4歳時以降維持費出資金:7,200円
※毎年11月にお支払いいただきます。

※上記に加え、出資口数に関わらず年会費として定額3300円を2021年以降毎年11月にお支払い頂きます。
2021/4/14 (チャンピオンヒルズ)

栗東トレセン近郊のチャンピオンヒルズにて調整中です。
牧場担当者「先週移動してきて、現在は角馬場でフラットワークを行って、1100mのフェルトダートコースを1周回ってからウッドチップの坂路調教を行っています。輸送の疲れは全くないので、順調に乗りこめています。右トモについては清水調教師から伺っていましたが、現状はそんなに気にならないですね。これから進めて行って疲れが溜まって来た時にどうなるかですが、今の所は問題なさそうです」

測尺・馬体重

測尺・馬体重(2021/3/31更新)
体高 管囲 胸囲 馬体重
161.0cm 20.3cm 180.0cm 506kg

カタログ、血統図・牝系図

コメント・解説

育成牧場コメント(森本スティーブル・森本氏)

本馬は馴致がとてもスムーズに進み、1週間~10日くらいで完了しました。物覚えがいいのでしょうね。その後はロンギ場でインターバル調教を行って基礎体力をつけ、BTCの施設を使った調教にも着手しています。ウッドチップや坂路を使い、スピード調教やコーナーリングの確認を行いつつ、15-15くらいのところまでは問題なく進みました。右トモが弱そうな雰囲気はあるのですが、意外なほどに良い動きを見せてくれています。気持ちが前向きというのもプラスに働いているのでしょう。走りに他馬の影響を受けることも少なく、競馬に向いているタイプだと思います。現状では軽い芝で、マイルくらいの距離に適性があるのかなと感じています。調教が順調に進めば早期デビューも狙っていけると思っています。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】

キズナは産駒にストームキャットの血を伝えていて、腹袋が大きく、筋肉量が豊富にあり、一瞬の切れ味よりもパワーや地脚の強さで勝負するような馬たちを多く出しています。意外にも、距離が延びても走る馬が出ているのは、馬体の緩さからです。緩さがあるから距離が持つのですが、反面、早い時期から無理をさせすぎると、馬体に芯が入る前に馬体を痛めたり、成長を阻害してしまいます。キズナの産駒は闘争心に溢れているため、長い目で見て、肉体と精神のバランスを取って走らせてあげる必要があるのです。総体的には、馬体に緩さの少ないキズナ産駒を狙うべきでしょう。馬体の見栄えよりも、動きの方を見るべきです。ポイントとしては、後肢がきっちりと踏み込めているか(前肢よりも後肢の踏み込みの方が長いか)、前後から見て左右にブレずに歩けているかです。ベガグレシヤスの19は、手脚や胴部、首にも十分な長さがあり、馬体のフレームが大きくて理想的です。前躯と後躯のバランスも良いですね。外見上は全く問題がありませんので、あとは力強く踏み込んで歩けているのを確認してから出資してみてください。