バナーエリア

202008.センコウノマイヒメの20

センコウノマイヒメの20
募集状況

受付中

マイホース

ダンカーク


(母の父)

センコウノマイヒメ
(スタチューオブリバティ)

生年月日 2020年04月23日 性別・毛色 ・黒鹿毛
所属 道営 厩舎 小野望
生産地 北海道・浦河
生産者 谷口牧場
一口価格 19,800円

募集口数 500口 総額 990万円(税込)
動画 出資状況 -
PDF カタログ 血統図・牝系図
綴り
由来・意味
2021/11/30

道営・小野厩舎にて調整中です。
小野調教師「入厩後至って順調です。現在は500mのトラックでハッキングを2500m乗っています。そろそろ坂路が使えるようになりますが、すぐに2本くらい平気で上っちゃうと思います。飼い葉食いも全く問題なくどっしりした子です。現状は気になる所は全くないですね。ダンカーク産駒は割と奥手の馬が多い印象で、気性的にはおっとりというか、道中ソラを使うようなタイプが多いですね。この子はトビも大きいですし、長い所が合いそうですね」

測尺・馬体重

測尺・馬体重(2021/11/28更新)
体高 管囲 胸囲 馬体重
157.0cm 20.0cm 182.0cm 494kg
  • 211130撮影 道営・小野厩舎在厩

  • 211111 森本スティーブル森本氏インタビュー

  • 募集開始時動画(仮)9月17日撮影

カタログ、血統図・牝系図

コメント・解説

クラブコメント

まず目を奪われるのがはちきれんばかりに発達したトモの筋肉で、力強さみなぎる馬体は、力のいる地方競馬での資質を感じさせます。ミスタープロスペクター系らしい豊富な筋肉を身に纏いながらも、胴部にはゆとりがあり距離適性は融通もききそうです。早期デビューが求められるホッカイドウ競馬ではありますが、歩様動画を見て頂くと分かる通り、この時期としてはトモに緩さもなく、良い意味でしっかりとした硬さのある本馬は十分に早期デビューが目指せる事でしょう。額には大きなハートマーク。たくさんの方に愛される活躍を期待しています。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】

ダンカーク産駒が2018年にデビューしたときの衝撃は忘れられません。中央と地方競馬を合わせた勝利数は37勝と、新種牡馬としては断トツの1位。驚くべきは、出走頭数76頭に対して28頭がすでに勝ち上がったように、0.368の勝ち上がり率。地方競馬に限定すると、22頭中17頭と7割超の勝ち上がり率を誇り、獲得賞金額でも首位。つまり、ダート競馬を滅法得意としていることはもちろん、地方競馬では簡単に勝ち上がってしまうレベルの産駒が誕生したということです。馬体を見てもまさにその通りで、ダンカーク自身のこぼれ落ちそうなほどの筋肉量を産駒にも十分に分け与えています。センコウノマイヒメの20も柔らかな筋肉が実にふっくらと付いていて、ダンカークの遺伝力の強さが見事に現れた好馬体です。育成が進むにつれて筋肉のメリハリも増してくるでしょう。顔つきも穏やかで、ハートの流星がチャームポイントですね。