バナーエリア

202101.キングスミールの21

キングスミールの21
募集状況

受付中

マイホース

ブリックスアンドモルタル


(母の父)

キングスミール
(Theatrical)

生年月日 2021年03月12日 性別・毛色 ・鹿毛
所属 栗東 厩舎 牧浦充徳
生産地 北海道・新ひだか
生産者 チャンピオンズファーム
一口価格 23,100円 (※2023年保険料740円)

募集口数 1,000口 総額 2,310万円(税込)
動画 出資状況 -
PDF カタログ 血統図・牝系図
綴り
由来・意味
2021/11/15 馬体重:311キロ

北海道・チャンピオンズファームにて育成中です。
牧場担当者「離乳後、11月9日に静内の生産牧場から千歳の中期育成牧場へ移動致しました。現在は昼夜放牧で仲間たちと元気に過ごしております。余程の悪天候でない限りは冬季も昼夜放牧を継続して参ります。11/8計測の馬体重は311キロです」

測尺・馬体重

測尺・馬体重(2021/10/28更新)
体高 管囲 胸囲 馬体重
145.0cm 17.5cm 155.0cm 306kg
  • 21年10月募集開始時動画

カタログ、血統図・牝系図

コメント・解説

クラブコメント

日本競馬界に多大な影響を与えたあのサンデーサイレンスを彷彿とさせ、今後日本競馬界を席巻するであろう父の産駒の登場です。父ブリックスアンドモルタルは5歳時にG1を5勝し同年の米国年度代表馬に輝いた名馬。この産駒が初年度となるため、未知数の父の産駒の成長過程を当歳時から追い続けることが出来るのは大変貴重ではないでしょうか。現時点で均整の取れた馬体からは名牝の品格が漂います。3歳の春には桜の大舞台で輝く姿が目に浮かんできます

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】

ここ数年、アメリカからあらゆるタイプの種牡馬が日本に導入されましたが、その中でもブリックスアンドモルタルは大本命の1頭です。それは初年度から600万円という種付け料の設定にも表れていますし、178頭もの繫殖牝馬が集まった実績にも関係者の期待が示されています。サンデーサイレンスの血に染まった日本の繫殖牝馬に対し、芝の中長距離馬をつくろうと考えたときのキングカメハメハ系やハービンジャー以外の選択肢として、ブリックスアンドモルタルが目の前に現れたのです。個人的には、ブリックスアンドモルタルの馬体は意外にコンパクトで手肢の重苦しさがないところが、日本の競馬で成功する要因になると思っています。種牡馬としては可愛らしさを残しており、「品」を感じさせます。その「品」の良さがキングスミールの21には伝わっていて、パッと馬体を見た瞬間に好きになってしまいました。このままの「品」を保って成長してくれたら、強靭なバネと手肢の軽さを生かして、牝馬クラシック戦線に挑めるような馬になるのではないでしょうか。