バナーエリア

202103.アヴァマローネの21

アヴァマローネの21
募集状況

受付中

マイホース

Omaha Beach


(母の父)

アヴァマローネ
(Curlin)

生年月日 2021年04月24日 性別・毛色 ・栗毛
所属 中央所属 厩舎 厩舎未定
生産地 北海道・静内
生産者 静内ファーム
一口価格 19,800円 (※2023年保険料634円)

募集口数 1,000口 総額 1,980万円(税込)
動画 出資状況 -
PDF カタログ 血統図・牝系図
綴り
由来・意味
2021/11/30

北海道・静内ファームにて育成中です。
牧場担当者「11月6日に離乳しましたが、本馬はすごく理性があるというか、特別騒ぐこともなかったですし、熱を出すこともなく、体を減らす事もなく、順調に離乳する事が出来ました。脚向きも綺麗に成長してますし、肉付きも良くなってきました。お尻も結構大きいですね。飼い食いも凄く良くて熱を出す事もなく元気いっぱいです。現状の体形はどちらかといえば胴が詰まっているような感じがします。牧場が河原沿いにある事もあって他の牧場に比べると地面が硬めなので、爪だったり関節や球節への負担も考慮して今は夜間放牧は行っていませんが、雪が積もるようになってから夜間放牧を行おうと思っています」

測尺・馬体重

測尺・馬体重(2021/10/28更新)
体高 管囲 胸囲 馬体重
136.0cm 16.0cm 141.0cm 239kg
  • 21年10月募集開始時動画

カタログ、血統図・牝系図

コメント・解説

クラブコメント

3歳時に米G1を3勝し、幻のケンタッキーダービー馬と呼ばれ、初年度産駒から期待は高まるばかりの父Omaha Beachと、本馬の祖母DayatthespaはBCフィリー&メアターフを勝利しエクリプス賞芝牝馬チャンピオンとなっている輝かしい牝系で、そんな良血から産まれたのが本馬です。本馬は米国産馬特有の重厚感はなくスラリとした体型からはスピード・パワーを兼ね備えているように見受けられます。期待通りの成長曲線を描いて、日本のみならず、世界で芝・ダートの「二刀流」として活躍する姿を見てみたい1頭です。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】

Omaha Beachの初年度産駒であり持ち込み馬。父Omaha Beachが勝ち上がりに時間を要したのは、デビューから芝のレースを使い続けたことに原因があったようです。「ウォーフロントの仔だから芝の方が合うと思った」とマンデラ調教師は語ったように、血統的には芝向きの馬でしたが、実際に走らせてみるとダートで9馬身ぶっちぎって勝ち上がりました。2歳時は馬体に実が入り切っておらず、それほどパワーがあるタイプには映らなかったのかもしれません。アーカンソーダービー馬まで登り詰めた頃にはすでにマッチョな馬体で、前躯が盛り上がって力強く、いかにもダート馬らしい姿になっていたから不思議です。Omaha Beachの全盛期の姿を目に焼き付けてから、アヴァマローネの21の立ち写真を見たとき、あまりのギャップに驚きました。マンデラ調教師が芝馬だと間違えた気持ちが良く分かります。手肢がスラリと長く、頭も小さく、首差しは美しく、どこからどう見ても芝向きの中長距離馬のシルエットなのです。今から2年後、この馬がどのような馬体に変化して、芝かダートどちらの舞台で活躍するのか、楽しみで仕方ありません。