バナーエリア

202204.ブルーボサノヴァ2022(リカード)

近況

戻る
2024/5/23

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前の繋に骨折線が見えたので舎飼いで休ませています。ケアとしては冷却水冷を行っています。1ヶ月毎のレントゲン撮影で骨の状態を確認して、運動再開時期を考えて行きたいと思います。昨日急に蕁麻疹が出たんですが、獣医に診てもらい薬を与えて、今日の朝には良くなっていました」

2024/5/20 馬体重:543キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
157.0cm 20.0cm 188.0cm 543kg
2024/5/11

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「球節の状態も良くなってきたので、この中間跨がり始めたんですが、ロンギ場で2日乗った所でまた球節が腫れたんですよね。それで獣医に診てもらってレントゲンを撮った所、ほんの少しなんですが、繋の所を正面から見て縦の線がなんとなく出てきていました。前回撮影時と比較するとそこに変化があって、これまではレントゲンで所見が見られなかったんですが、元々あったものが映り出してきたと思われます。一度は良くなったと判断して動かし始めたんですがまたぶり返したので、まだ本当の所が良くなっていないんだと思いますので、まずはここを疑ってしっかり休ませて経過を見て行きたいと思います。現状は何か特別な治療が必要というレベルではなく、去年の育成馬でも同じような症状の馬が一頭いて、結果的に時間はかかったんですがしっかり治ってからは順調に進んで競馬までスムーズに行けて走っているので、しっかり治せば問題ないだろうというイメージはあります。休ませて経過を見て、しばらくしたらもっとはっきりと映るかもしれないですし、経過を見ながら様子を見て行きたいと思います」

2024/4/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「球節はしっかり治してから立ち上げようと思っていましたので、状態が良くなるまでに時間がかかりましたが、今は完全に良くなったのでこの中間からマシン運動を再開しています。マシン運動の時間を伸ばしていきながら運動負荷を上げていって、来週末あたりから跨がって行けるかなと思います。休んだ期間が長いので焦らず立ち上げて行きたいと思います」

2024/4/22 馬体重:535キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
156.0cm 20.0cm 187.0cm 535kg
2024/4/16

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「引き続き右前の球節炎で休ませています。これまでレントゲンは何度か撮っていて手術が必要なような大きな異常はなかったんですが、この中間に獣医と相談してエコー検査を行いました。やはり大きな異常はなかったんですが、関節の部分に血が濃くなっている部分は見られたので関節炎という診断で、それが引ききらないとまたすぐにぶり返してしまう可能性があるので、すごい悪い状態という訳ではないんですが、そこをしっかり治してから運動を再開したいと思います。状態としては良化傾向ですので、まずはしっかり治してから立ち上げて行きます。原因としては体が大きいゆえに少し一本調子で後ろが使い切れずに前重心になる事と、前の繋が緩いので、それで負担がきてしまうのかなと思います。まだ若馬なので焦らずにみていきたいと思います」

2024/4/1

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「右前の球節を捻挫して、2回レンドケンを撮りましたが大きな骨折の所見はありませんでした。元々負担がきやすいとは感じていたので、現時点では歩様に異常はありませんが、繋の緩さもありますので、まずはしっかり治してから立ち上げて行きたいと思います」

2024/3/19 馬体重:507キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
155.0cm 20.0cm 185.0cm 507kg
2024/3/17

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「今月も週3本坂路でハロン16秒で上がっていましたが、今週水曜日に右前球節に腫れが見られ痛みも強かったので消炎剤を投与しました。念のためレントゲン撮影も行いましたが、骨折などの所見はありませんでした。球節の前側に少し骨増生のようなものは見られましたが、前側なのでそれが影響してのものかは経過を見ないと分からない所なので、しばらくは舎飼いで1、2週間症状を見て、また必要であればレントゲン検査を実施したいと思います」

2024/3/1

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「この中間は坂路で週3本ハロン16秒の指示で乗り込んできました。繋の緩さだったりトモの甘さから歩様に出たりはないですが少し球節に張りが出たりする事があるので、体力的には4本に増やしても良いんですけど、脚元を考慮した上で3本のメニューで様子を見ています。内面的には問題ありませんので、脚元の状態を見ながら負荷を強めたいと思います」

2024/2/23 馬体重:506キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
155.0cm 20.0cm 186.0cm 506kg
2024/2/17

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「この中間は坂路を週4本にして試してみたんですが、少し筋肉が硬くなる所が見られたので、週3本ハロン16秒のメニューに戻しています。もう少し成長を待ってあげた方が良さそうな感じなので、週3本で様子を見ながら体の動きも矯正しながら進めて行きたいと思います。坂路では前向きにグッと動くんですけど、トモの緩さだったりがまだ気持ちと体のバランスが合っていないので、成長を見ながら進めて行きたいと思います」

2024/2/8

本馬の競走馬名は「リカード」に決定いたしました。
Recado:贈り物(ポルトガル語)。母名から連想

2024/1/26

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「現在は坂路で週3本ハロン16秒のペースで進めています。前進気勢が出てきていますし、体も筋肉が浮いてメリハリが出てきた感じですが、まだトモが高くなってきているので、まだまだ変化していきそうな印象です」

2024/1/23 馬体重:506キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
152.0cm 20.0cm 184.0cm 506kg
2024/1/12

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「正月は休みを入れて4日から乗り始めました。年明け立ち上げてからも問題なく順調で、坂路で週3本ハロン16秒ペースで乗っています。年末まで継続して乗っていましたが、正月に休みを挟んだ事でまた元気も出てきて良い方向に向いていると思います。ちょっと走りが一本調子な感じなのでペソアシステムを使って動きを矯正しましたが、初めてにしてはハミへの抵抗も悪くなかったので、そんなにやり続ける必要もなさそうですね」

2023/12/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「この中間は順調に進められました。乗り出してからは逆におっとりし過ぎなくらいなので、調教で少し刺激を与える意味で促してみたんですが、その時はちゃんと反応して動ける所を見せてくれましたし、その後は調教で走る時はピリッとした面を出してくれているので、ちゃんと変われるスイッチがある事もこの中間確認出来ましたね。馴致を開始した当初は気性的に難しいタイプかなと思ったんですが、生産牧場でそんなに人に触られていない感じの馬は馴致をする事ですごく大人しくなるというケースは良くあるので、この馬もそのパターンだったのかなと思います。当初は父がサンダースノーという事で気性が悪いのかなと思ってみていたんですが、そうではなくて色々知らな過ぎて怖がっていたというだけだったので、今は誰でも乗れるような感じです。半姉(ミニョンルミエール)も大人しくて乗りやすかったので似ている感じがありますね。調教では自分からガツガツ動くタイプではないので、指示を出してしっかり動けた点は良かったと思います。現在はハロン16秒を入れながら順調に進められているので、引き続き様子を見ながら進めて行きます」

2023/12/22 馬体重:502キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.0cm 20.0cm 185.0cm 502kg
2023/12/9 馬体重:494キロ

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「今月に入ってからは順調に乗り続ける事が出来ています。頓挫もありましたので、現在は坂路でハロン18秒の指示で乗っています。気性面は時間がかかったおかげか今は全く問題なく進められていて、調教でも素直ですね。年末に向けてはハロン17秒も入れながら進めて行きたいと思います。乗り役に話しを聞くと見た目よりは後ろに甘い感じがあるみたいですが、休む期間があった分筋肉が落ちたという事もあると思います。乗り込みを進める毎に筋肉もついてくると思いますし、今日見た印象としては月曜日や水曜日に坂路を上がった時よりも一段動きも良くなっていたので、年末までまた乗り込んで行けば更に変わってくると思います。」

2023/11/21

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「繋ぎの外傷から運動を再開しましたが、元々気性面で難しい所があったので再馴致をかけたんですが、色々あった事で逆に馬も落ち着きが出てきて、再馴致も以前よりは手がかからずに順調に進められました。現在はロンギ場で他の馬と運動出来るようになっていますので、今後はBTCにも通いながら進めて行きたいなと思います。現時点の動きとしてはしっかりしているので、今後餌の量も増やして行けると思いますしまた一段良くなってくるんじゃないかと思います。」

2023/11/17 馬体重:497キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
153.0cm 20.0cm 184.0cm 497kg
2023/11/9

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「外傷も良くなってきたので騎乗運動を再開しました。傷の状態を見ながら進めて行きます。少し頓挫をする形になりましたが、色々経験した事で今はかえって落ち着いて乗れるようになっていますので、結果的には良い経験になったかなとプラスに捉えて行きたいと思います」

2023/11/2

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「繋ぎの外傷に関しては良くなってきていますが、もう少し固まってから動かさないと傷口が開いてしまう可能性がありますので、もうしばらくは休ませて様子を見て行きます」

2023/10/28

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「気性面で、まだ野生的な部分なのか、横で人間がジャンプする事に対しても敏感に反応する所があったので、だいぶ時間をかけて馴致をやらせて頂き、この中間は跨って乗れるようになりました。ただ、10月20日にロンギ場で左前の繋ぎをぶつけてしまい裂傷したため縫合し、今週は休ませています。そこが回復し次第また運動を再開して行きます」

2023/10/23 馬体重:499キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
151.0cm 20.0cm 183.0cm 499kg
2023/9/29

北海道・森本スティーブルにて育成中です。
牧場担当者「9月13日に入厩し、少し様子を見てから馴致を開始しました。現在はロンギ場で跨っていますので、今後は他の馬と併せて乗って慣れさせて、早ければ来週末くらいからBTCに行ければと思っています。少し我が強いというか、まだ色々分かっていない感じで、洗い場に入るにしても後退したりとかスムーズさを欠く所がありますが、そういう所も徐々に解消されてきていますので、時間をかけながら直して行きたいと思います」

2023/9/25 馬体重:468キロ

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
152.0cm 19.5cm 182.0cm 468kg
2023/9/13 (森本スティーブル)

13日に北海道・森本スティーブルに移動しました。

2023/9/2 馬体重:482キロ

北海道・マリオステーブル在厩

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
152.5cm 20.0cm 183.5cm 482kg
2023/8/31

北海道・マリオステーブル在厩
OCD除去手術後の馬体写真及びレントゲン写真は、募集馬ページの写真ページをご覧ください。
※測尺・馬体重につきましては測定出来次第更新致します。
牧場担当者「術後は舎飼いとパドック放牧を経て、通常の放牧を開始しています。特に問題なく、術後の経過は順調だと思います」

2023/7/21 (マリオステーブル) 馬体重:468キロ

北海道・マリオステーブル在厩
9月頃に育成先の森本スティーブルに移動をして騎乗馴致を開始する予定です。
※馬体状況により移動が前後する場合がございます。
測尺測定日7月14日
馬体重測定日7月13日

測尺・馬体重
体高 管囲 胸囲 馬体重
151.8cm 20.0cm 176.5cm 468kg